修復・保存・装幀・複製 伝統的な技法を生かす 株式会社大入
お問い合わせ 会社概要 主な事業案内 経師 トップページ
装幀の種類
書物の最も古典的な形態は巻物ですが、巻末を見るのに不便なことから考え出されたのが和本の始まりともいえる折本です。和本を簡単に説明すると、和紙を二枚に折って幾枚か重ね、糸か糊で綴じたものといえます。
現在の情報社会の中では洋紙を使った洋本が圧倒的に多く、和本は数少ないのですが、書の作品集や和歌の本など特別な本として和本を希望される方がいます。
和紙の温かみや日本文化の香りをもつ風雅な和本は、後世に残すべき文化遺産です。
手間を惜しまず手仕事で作られる和本ですが、その違いをわかる人たちがいる限り和本の命はつきることはないだろうと確信しております。
種類1-2 種類3-5 種類6-8
1.立箋
2.巻子本
3.折本
4.折手本
5.旋風葉
6.唐本
7.亀甲綴
8.康煕綴
種類9-11 種類12 種類13-15
9.こより装
10.こより綴
11.紙釘装
  坊主綴
12.綴葉装
  列帖装
13.畳物
14.粘葉装
  胡蝶装
15.大和綴
種類16 種類17
16.四ツ目綴 (五冊本)
  無双帙入
17.大和綴
種類18 種類19 種類20
18.手鑑帖 19.画帖 20.短冊帖
修復の流れ | 修復例 | 保存製品 | 縮緬本 | 複製品の製作
← 大入 トップページへ
Copyright© 2017 Oiri All Right Reserved     サイトマップ